FC2ブログ

KGK大嶋重徳主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

121周年記念大会

日本同盟基督教団という教団がある。

今年で教団設立121年を迎える。日本におけるプロテスタント宣教150数年のなか、その歴史のほとんどを生きてきた教会。そして今なお生きている教会。

昨年の120周年大会は、あの3.11震災のために延期。
その延期の1年、同盟基督教団を見ない時はないほど、東北の被災した数々の場所で支援活動を続けてこられた。

やむを得ない延期ではない。
働くために、仕えるために、寄り添う時間のための延期。


この大会の1日目の講演の奉仕依頼を受けた。


気心の知れた牧師からの気さくな依頼。
「きっと、中野ZEROの小さな会議室での講演奉仕なんだろうな。(場所は小さくとも本気でやることには何の代わりもないが)」と思っていた。

しかし、しかし、しかし、
1200人収容の大ホールで、そして初日から来ている700名を超える方々に講演。
大会のオープニングで教団の歴史が語られ、振り返られる。


テーマは、
「若者と生きる教会」



教団設立121周年を過ぎて尚、若者たちと生きようとされる同盟基督教団の気迫。


どれだけ松原湖バイブルキャンプ場が財政的に赤字になっていたとしても、
同盟基督教団はこの場所を手放そうとしない。
ここで小学生、中学生の頃に信仰がはっきりとする。そこで関わってくれたのは、少し上の素敵なカウンセラー達。そして黙々と働くグランドワーカー。彼らの従う姿勢に憧れて、彼らは高校生になるとおずおずとキッチンワーカーを始める。
そして東京基督教大学へ入学する。


ここには献身への道筋がある。



121年になっても、きっと150年が経とうとも、200年が来ようとも、
キリストが再び来られるまでこの教団は若者を愛し、若者を育てていこうとされるだろう。


日本の教会が見失った一点を握り続けてきた121年。
同じ歴史を刻んでいても他と一線を画する、覚悟が見えたような気がした夜。






 | HOME | 

リンク

ネット献金

カテゴリ

未分類 (153)
巡回日記 (196)
独り言 (34)
オフ (23)
グルメ (6)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。