FC2ブログ

KGK大嶋重徳主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oxygen Christian Leaders Conference

アメリカからJohn PiperとイギリスからJohn Lennoxがシドニーに。
「酸素なしで火は燃えない…あなたの情熱を燃やすために」とテーマでカンファレンスが開かれ、
5大陸13カ国からの海外参加者を含め、オーストラリア全土から800を超える教会から、2000名の参加者が集まった。

その名の通り、John Piperの情熱あふれる説教は際立って、圧巻だった。
ジョナサンエドーワドを愛してやまない彼の神学的内容は自分の神学思考とも一致し、
さらに福音派の背景を持つ自分自身が懐かしく、憧れた説教スタイルととても似ている。そして一気にその説教スタイルに引きこまれた。

特に「神を感じる」という「感覚」について取り扱ったところでは、あなたの存在の目的は「神の栄光を褒め称えること」そしてそれは「永遠に神を喜ぶこと」を通して、神の栄光は現れるのだと、「神を喜ぶ」ということは「感情、感覚」を大胆に用いて行うことなのだと。
そして何より、神ご自身がどれほど感情豊かな方なのかということを語っていく。「妬む神、怒る神、喜ぶ神、同情する神」
そして「罪にまみれた感情」との違いを語り、作り変えられていく「感情」とへ話は続く。

さらに「神を考える」というセッションで、
「正しい感情は、正しい知識がつくる。」と、誠実に、正確に神学的な考え、学びを深めることを強く促す。
さらに正しい聖書知識に基づかず怪しげに感覚に訴えるだけのキリスト教っぽいものが増えていることを憂い、警告を発する。自分の頭で考えず、「分かりません」と簡単に言うことは、真理への道を閉ざすのだと。
牧師であり神学者たろうとするJohn Piperの真骨頂であった。

ポストモダンと呼ばれる時代の中で、ユースミニストリーの必要が叫ばれる中で、もっと真剣に聖書から語り続けようとする誠実な姿勢に、この時代の中での預言者たろうとする姿勢を見、率直に感動した。

正確にみ言葉を語ることと、時代に届く感性豊かな説教は矛盾しない。

自分の中でずっと思い描いていたことを言葉にして貰い、改めて深い深呼吸をさせてもらったような思いがするそんなカンファレンス。

 | HOME | 

リンク

ネット献金

カテゴリ

未分類 (153)
巡回日記 (196)
独り言 (34)
オフ (23)
グルメ (6)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。