KGK大嶋重徳主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグビー、ラグビー、ラグビー

「shige、ラグビーのチケット2枚あるけど行かない?今から2時間後だけど…。」
と神学校の友だちから電話。
以前、カンファレンス終了後、みんなでフットボール観戦に行くのを「羨ましいなあ」と言っていたのを覚えていてくれ、声をかけてくれた。あああ、いい人達だ。

すぐさま「Ohhhhhhhhhh、行く行く!」
と答え、一緒に住むネイサンと共にいそいそとシドニーフットボールスタジアムに向かう。

photo.jpg
photo2.jpg

緑の芝に輝くライト、やはり生のスポーツ観戦は違う。
NSW州の人気チームWaratahsと南アフリカのLions(このリーグは、オーストラリアとニュージーランドと南アフリカのクラブチームで構成されている)の試合。
当然、ホームチームのWaratahsを応援する。開始早々Warathasのハーフがトライ!
一気にスタジアムが総立ち。オーストラリア人の喜びは半端じゃない。何だか吠え猛る感じ。おじいちゃんも子どももみんなシャウト!


そして選手はでかい、でかい。
時々、シドニー大学のラグビー部とすれ違うけど、囲まれると確実にやられるなと思う。海賊ってこんな感じだったのかなあと思ったりもする。そりゃ、勝つなと。


スポーツの観戦は、神の創造の魅力を余すところなく感じることが出来る。
「ええええええ、人ってそんなことも出来るの?」
「生めよ、増えよ…地を従えよ。」という神の命令に、自分の肉体を節制し、鍛えあげると、そんな感じにまでなるの?!と感嘆の声があがる。

オランダの神学者ファン・ルーラーは、日曜日には夕拝とスタジアムを往復したといいます。そして「聖化において本質的なことは、(プロ・サッカーチームの)アヤックスやフェイエノールトを楽しむことにある」とまで言い放ちます。

それはやはり、神の造られた肉体の躍動を喜び、その躍動感を心から応援することは、キリスト者が創造の本質的な喜びを享受していることであり、そんな人間の姿を神は喜んでおられる!という神学に基づいているのだろう思う。

そんなこんなを考えながら土曜日の夜にラグビーの試合に行けるなんて、なんと幸せ。

結果はWaratahsの圧勝。
帰り道は神学議論をわいわいしながら、40分ぐらい星空の下を歩いて帰った。
これもまた聖化の営み。

 | HOME | 

リンク

ネット献金

カテゴリ

未分類 (153)
巡回日記 (196)
独り言 (34)
オフ (23)
グルメ (6)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。