KGK大嶋重徳主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は今、どこにいるの?

「本当は今、どこにいるの?」としばしば聞かれる。

そして幾つかの噂が流れている。
「この前、新大久保で大嶋を見た」とか…。
「実は駅前にあるシドニーという英会話学校に行っているらしい。」とか…。
「実は留学に挫折したらしいけど、あんまり言わないであげたほうがいいらしい。」とか。
「スカイプの背景は自分で描いたビーチの絵らしい。」とか…。

さらに最近は
「ブラジルにいる」
「セーヌ川のバトーに乗っている姿を見た」
「リビングでさっき見かけた」
「やっっぱりOCCにいる」とか…。
と、噂も国を越えて、広がっている。

しかし、しかしきちんと神学校に行っています。確かに震災後の1ヶ月。目覚めると「ここはどこ?」と思う日が結構ありましたが…。


今日の授業は、倫理学Ⅲ。

テーマは同性婚。
我が住む街Newtownでは、同性カップルは日常の風景。世界一のゲイフェスティバルがある街シドニー。
手を繋いで歩いているカップルたちが沢山教会の前を通って行く。
「彼らは教会に来ないのかなあ?」という思いで、彼らを見つめる。

「聖書がこう言っているから」というだけではなく(もちろん聖書に基づいて)、政治的にも、法律的にも、社会学、生物学的にも教会がそれらの主張にいかに届く言葉を社会的に持つことが出来るか、対話が成立する言葉を持っているかが問われている。

さらに事柄を全て一般化することなく、一人一人と顔と顔を会わせて言葉を交わせる関係を築けるか。
神学に問われるのはいつも「愛する」という人格的な事柄だ。

そんなことを、授業の終りに友達とカプチーノを飲みながら話し合う。


k679520558.jpg


寒くなった冬のシドニー。イースターが終わるとすぐに冬に。

もうすでにマフラーが必需品。

 | HOME | 

リンク

ネット献金

カテゴリ

未分類 (153)
巡回日記 (196)
独り言 (34)
オフ (23)
グルメ (6)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。