FC2ブログ

KGK大嶋重徳主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Good Fridayシドニー日本人合同礼拝

tirasi.jpg


シドニーの街は、EASTER休暇に入り、すっかり街は静かに。レストランもスーパーマーケットも、みんな休み。
Good Fridayとイースターを中心に2週間ほどのAutum Break。

震災ボランティアのことを思いつつも、このグッドフライデーとイースターにお引き受けしていたシドニー日本人教会合同礼拝のご奉仕もあり、秋休み真っただ中のシドニーに戻る。

特にグッドフライデーの礼拝には、シドニーにある幾つもの教会が一緒に集まり、共にイースター礼拝をささげる。
そしてシドニー在住の多くのノンクリスチャンの日本人の方々もこの日は参加。160を超える参加者が集まる。


メッセージ前に緊張しつつ一人祈っていると、デビッド・ヘイマン先生が近寄って来られて、右手を握り、祈ってくださる。かつてOMF(国際福音 宣教会)の宣教師として伝道され、一枚のトラクトを手渡すために、何キロも離れた一軒一軒の家を訪ね歩いた。三浦綾子さんが「氷点」を書いた家を譲り受け、その家に住み伝道をされていた方。
オーストラリアに居ると、日本宣教に人生をささげた宣教師の方々とよくお出会いする。大阪で長く伝道されたマッケンタイア先生なども。まるで日本宣教オールスターズの様。


そしていよいよ賛美があり、証があり、説教。
終了後は、クローズネスト教会牧師のH先生が日本の被災状況のことを共に祈りましょうと、呼びかけられ祈りの一時。海外在住日本人は側に居られないもどかしさがある。遠くにいるこその熱心な祈りが、そこにあった。

その後は、アフタヌーンティー。
ここで嬉しいことに、福島県の方でシドニーのご家族の所に避難されて来られたご夫妻にお会いした。ご主人は普段、日本では教会に行ってはいないとのこと。「話はよく分かりましたよ。」とのお返事。
嬉しい出会い。他にも多くの教会は初めてという方とお話をする。



日本人教会とは、独特の教会である。
駐在、留学、ワーキングホリデー、さまざまな理由でシドニーに訪れる方々。
その滞在期間中に、イエスキリストに出会って欲しいと福音をお伝えする。そして福音を受け入れ、信仰告白。そしてバプテスマ。しかし暫くすると訪れる別れ。絶えず移り変わっていく人の流れ。
「いつも宣教師を送り出すつもりです。」
先述のH先生の言葉。


だからこそ、核になる日本人家族の存在が大切。
しかしご夫妻のどちらかが海外の方であったり、あるいは英語力に困らなくなると、他の教会に移っていかれることも多々ある。
しかし、その教会に留まり、牧師と共に日本人宣教に召され、日本から来たばかりの私のような不安げな日本人のお世話をし、夕食に招き、生活の身の回りのお世話をしようとしてくださる方々が、日本人教会にはおられる。


さりげない優しさで、図々しくない仕方で、キリストを証ししようとされる方々。

それは、イエスキリストの十字架に出会ったからだろう。
キリストの十字架で、罪赦され、救いの喜びの中に入れられたからだろう。
だからこそ、イエスキリストが「あの旅人をもてなしたことは、私にしたのだ。」と言ってくださるような、そんなあたたかさで、イエス様にするように仕えられるのだろう。
そんな方々が、ここシドニーにも沢山おられる。

そんな嬉しい出会いの沢山あったシドニーグッドフラーデー。



写真は、イースターに食べるHot cross bunという白い十字架の入ったカシス入り、シナモン風味の素朴なパンと、イースタークッキー。これが本当に美味しかった。このレシピは、妻へのいいお土産になる。

hot cross bun
easter cookie

 | HOME | 

リンク

ネット献金

カテゴリ

未分類 (153)
巡回日記 (196)
独り言 (34)
オフ (23)
グルメ (6)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。