KGK大嶋重徳主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入会式

KGK主事会に新主事達が入ってきた。

入会式が行われ、そこには全国協議委員の学生の姿も。学生も、新主事達の入会の場所に立ち会う、そしてその証、スピーチに耳を傾ける。美しい光景。
メンバーは関西地区のO主事、関東にT主事とK主事。それぞれのスピーチにそれぞれの思いが込められ、それぞれのKGKで過ごした歴史が感じられた。

今年の新主事研修も日本滞在中に、少し説教論、説教演習などを担当させて頂くことに。
そして説教とは何かということを考えた後に、11日からは被災地に一週間入り、ボランティアをする。
被災地で少しでもお役に立てるように。
東北地区KGKのために、少しでも共に祈れる時を持つことが出来るように。

きっと今年だけの新主事研修になるだろう。
多くのことを机を挟んで学ぶよりも、
あの光景の中でどのように説教がなされることがふさわしいのか、
神の言葉が生きて働くということはどういうことなのか、
朝晩になされている学生たちとの御言葉の分かち合いの中で、自分自身が語る言葉が、ボランティアをし自らの無力感を覚え、自己の存在を問いながら働く学生にどのような意味を持つのか、

そのことを現地で問われることの方が、KGK運動としてふさわしい経験となるだろう。

明日もなされる被災地の教会の礼拝。
今日にも友人の牧師がつけた説教題が街に向かって掲げられている。


神の言葉は生きているのだ。

そのことを力強く告白する主事となるために、彼らの伝道者としての歩みは始まった。


 | HOME | 

リンク

ネット献金

カテゴリ

未分類 (153)
巡回日記 (196)
独り言 (34)
オフ (23)
グルメ (6)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。