FC2ブログ

KGK大嶋重徳主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KGKボランティアチーム

KGKボランティア被災地訪問2

昨日到着したチームと、昨日の帰る学生をあわせて30数名のKGK学生ボランティアが、塩釜聖書バプテスト教会に泊まり込み、ボランティアをしている。

「塩釜聖書バプテスト教会から来ました。何かお手伝いできることはありませんか。」
海沿いの津波が襲った地域を4、5人一チームで掃除のお手伝いに行く。
「今日、このあたりを若い者が来ていますので、他にもお手伝いできるおうちがあれば、教えてください。買い物でも何でもやりますよ。」

泥だらけの家

石油コンビナート火災によって、燃えた油と津波が運んできた砂が真っ黒な泥となって、家のいたるところに溜まっている。
言葉を失う光景、無力感に包まれそうになる現実、目の前の悲しみと痛みの中におられる被災された方々。
その中で学生たちは声をあげる。
「何かお手伝いできることはありませんか。」

寝袋持参、期間中の食事持参で、朝にはおにぎりを握り、夜にはインスタントラーメンを食べる。
上下のウィンドブレーカーと長靴が泥だらけになって一日を終えて、帰ってくる。(写真は田中主事)

これだけ汚れます

食事リーダーの指示の下、食事を作るチーム。

インスタントラーメン

掃除リーダーの下、泥だらけの長くつを洗うチーム。
長くつ掃除

ボランティアチームリーダーは、明日も行かないといけない場所の確認。
それぞれの役割を果たしながら、夕食を食べ、そして夜には御言葉を読み、一日の分かち合いをする。

夜のみことばと分かち合い

目の前にあった光景の全てに、主がともにおられて為して下さったことは何か。そのことを意味を問いながら、彼らは疲れ切った身体を寝袋におさめる。
余震が続く夜に、彼らは身を横たえながら明日へと備える。

塩釜でのボランティア2


自らの無力さを覚えながらも、イエスキリストが明日も彼らをとおして為さろうとされている事柄のために、そこに行こうとする。イエスキリストが寄り添おうとされている方々の傍で、言葉にならない言葉をで会話を続ける。

そして、今、全国から続々とこのボランティアチームに参加しようとしている学生たちがいる。
夕飯


今日は、街で出会った方々からの「あたたかいものが食べたいです。」という声に応えて、東京の教会が用意して下さった1000食分のおにぎりと豚汁の材料を料理して、彼らは炊き出しの準備をしているだろう。

朝のミーティング


他にもすでにされている幾つもの炊き出しで聞こえる
「キリストさんが炊き出しをしてくれている。」
「キリストさんのトン汁。」
という言い方。

これらの言葉が、目に見える復興が始まっても尚、魂の荒廃したところにキリストの希望の光への道となると信じている。

炊き出しや、お掃除のなかで交わされる言葉のなかで、学生たちが見つめたこと、聞いたことによって、教会がこの地に建つということがどういうことなのかを学生たちは知ることになる。


KGKの活動する塩釜聖書バプテスト教会

 | HOME | 

リンク

ネット献金

カテゴリ

未分類 (153)
巡回日記 (196)
独り言 (34)
オフ (23)
グルメ (6)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。