FC2ブログ

KGK大嶋重徳主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に響く味…。

オーストラリアの外食は、極めて高い。
「外食をするなら、気合いを入れて高いものを行こう。その代わり、普段は家で食べようよ。」
といのうが理由らしく、外食産業は高級なところしか発展しなかった?らしい。

しかしここはシドニー。大都市である。しかも移民の町である。
世界中からいろんな民族がこの国に集合している。
通りを歩けば、メキシコ、韓国、中国、インドネシア、ロシア、ギリシャ、レバノン料理…。と何味なのかも想像できないお店が揃っている。

これらの料理はレストランと呼ばれる場所に比べると少し安い。
と言っても、それでも大体1000円前後は必ずする。学生の身分としては、一回外で食べる時には、相当用心して食べないといけないのだ。

もちろん日本食も沢山あるが、まがいものが多い。いや、多すぎる。
先日ついに誘惑に負けて、とんこつラーメンを食べた…。が、しかし惨敗。確実に惨敗。日本円で1000円ぐらい払ったのに、味は確実に日本のスーパーにあるフードコートに負けている…。写真を撮る気もしない味。


しかし、しかし、圧勝する料理に出会えた。
ベトナム料理である。フォーである。フォーと春巻きである。フォーと春巻きとチキンの素揚げである。

フォーは、うどん?沖縄のそーきそば?を思わせる優しい麺である。
柔らかくとも決してだれてはいない米粉の麺と、くどさがなくただ麺を包み込もうとする意志だけが存在するスープが、この国の人は全員優しい人なのではないかと思いこませるほどの丼。


さらに酢を利かせたタレ(あえてソースとは言いたくはない)が、抜群の相性の鶏肉のから揚げと春巻き。


前述のタイ料理に続いて、ついに2勝目。


ベトナム料理


 | HOME | 

リンク

ネット献金

カテゴリ

未分類 (153)
巡回日記 (196)
独り言 (34)
オフ (23)
グルメ (6)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。