FC2ブログ

KGK大嶋重徳主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子と。

運動会の振替休日。


9歳の息子と二人で新大久保へ。


「コリアンタウンへ行きたい。」



昨年末ECの奉仕でロスアンゼルスへ行った際に、インチョン空港でのトランジット。
その3時間で韓国の魅力に取り込まれた息子。


今では、NHKの韓国講座を毎月購読し、番組も録画し、すでにハングルは読めるようになっている様子。
一人でぶつぶつと、「イゴチュセヨ」と言っている息子。
そしてすでに彼の手には、プリントアウトされた新大久保のコリアンタウンの地図に、どこから順番に行くか矢じるしが書き込み済み。



朝から妻と娘を家に残し、男二人で新大久保へ。
街には、韓流ファンの母娘の組み合わせも結構多い。

しかし息子は韓国ドラマには何の興味もなく、カラも少女時代も、韓流スター達には何の関心もない。
ただ単純に、韓国の文化、言葉に惹かれているところ。
そして父息子のペアは、僕らだけの中、鉄の箸にスプーンを購入し、
チヂミを歩きながら食べ、日本にプルコギを紹介した名店でランチを食べ、韓国かき氷を食べ、
ひたすら息子の行きたい店を歩きまわった。

そして各店で「マシシッソヨ!」と積極的に話しかける息子。



歴史理解で荒れに荒れる日韓関係。


息子を見ていて、こんな風に好きになることが一番大切だと思った休日の午後。





スポンサーサイト

秋になって…ようやく。

おそらく、自分の主事人生の中でこの夏が一番忙しかった。
ブログを書くことなど、すべて吹き飛ぶぐらいに…。
何度も見て下さった方々、本当に申し訳ありません。

前回のブログ、7月12日以降を振り返ると…。
赤城、御殿場、札幌、旭川、那覇、盛岡、宮古、神戸、御殿場、軽井沢、帯広、岡山…。
その隙間に東京近辺で、いろいろと。






途中、沖縄では沖縄史上最大と呼ばれる台風直撃。
青年の家は閉鎖。



どこにも行き場の無い


はあああああああああああ、


っという深い溜息をついて、



「この仕事を続けるのはもう無理なんですかねえ。」と思わず天を見上げました。



しかし、しかし、FBを通しての多くの祈りと声援と、
沖縄地区卒業生たちの助けと、
沖縄の学生の頑張りで、
県外学生の励ましで、


沖縄地区夏期学校は、本当に祝福のうちに終えることが出来ました。




そして今は、秋。

気がつくと遠い記憶。
しかし鮮明に残る「いつまでやれるかなあ」という思い。


でもこの秋、いくつもの交わりによって励ましを受けました。

「まだやれるだけ、やらしてもらおう。」




さて、ブログでもこの夏の出会い、考え続けたことをを少しづつ振り返っていきます。




そして今からは少し、落ち着いて仕事をしていきます。



 | HOME | 

リンク

ネット献金

カテゴリ

未分類 (153)
巡回日記 (196)
独り言 (34)
オフ (23)
グルメ (6)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。