FC2ブログ

KGK大嶋重徳主事の巡回日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NTEのストランド

今回のNTE、日本人参加者は、KGKからだけではなく、シドニー日本語福音教会に集っているシドニー大学の留学生、交換留学できている日本人クリスチャン達も多数参加。
他にも日本語を話せる学生、スタッフ、宣教師たちも加えると総勢18名のジャパニーズスピーカーズが参加した。

そこで今回企画したのがAFESの訓練テキストのストランド1を日本語訳して、日本語でやってみること。
Naomiという宣教師師弟で、日本語が堪能なシドニー大のスタッフと一緒に翻訳を始め、今回日本語ストランドグループを2つも作ることになった。

このストランドというのがNTEの目玉企画である。
15年前に始まったNTEは100名ちょっとであったのが、このストランドで経験する深い神学的な学びが、「次も必ず来たい!」という思いを起こさせ、さらに学生達の聖書への姿勢を大きく変えていくのだ。

ストランド1は、新約から1ペテロ2章の釈義と聖書神学的ものの見方を提供する。
ストランド2は、旧約からミカ書。旧新約を貫く聖書神学のテーマを追求する。
ストランド3は、組織神学キリスト論の「復活」を詳細に学ぶ。
ストランド4は、倫理学、弁証学。

どのストランドも、聖書神学をベースにおいた実に高いレベルでの学びを、主事たちが提供している。

今回、ストランド1を翻訳し、日本語グループで実際にやってみる。
「釈義」を丁寧した後、目指すのは5分の説教。
説教作成のプロセスも丁寧に学んでいく。

写真は、当該箇所を、大きくコピーし、ハサミで切り取って、ペテロが言わんとすることの構造を研究しているところ。

CIMG7816.jpg

真剣な表情で、読み込む。

CIMG7818.jpg

この機会、何度も、何度も、同じ箇所を読み続け、この箇所を深く、深く掘っていく。
1ペテロ全体と照らしあわせながら、聖書全体と照らしあわせながら…。

CIMG7819.jpg

御言葉のまえに座り続け、その輝きがさらに光が帯びていくのをひたすら待ち続ける。

そして語るべき言葉を、Ⅰペテロ自身の語ろうとすることの直線上で、探し続ける。


最終日、全員が説教を書き終え(フリータイムも、寝る時間をも惜しんで書き続けたメンバーも多数)、発表することが出来た。


感想は、
「本当にうちの牧師を尊敬しました。こんなにも凄いことを毎週やっているんですね。」
「こんなに一つの箇所を読み続けたことはありませんでした。聖書は飽きないですね。」
「聖書を語ることは、こんなに燃やされることなんですね。」


目をキラキラと輝かせながら、話してくれる顔を見ると、本当に、本当に嬉しく思った。




スポンサーサイト

NTEのKGKナイト

KGKからやってきた4人の精鋭たちは、NTE期間中も大活躍をしてくれた。
特にIFESナイトと称された企画では、彼らのKGKの活動紹介、賛美リード、KGKを通して救いに導かれた証、友人に伝道した証など、本当によく準備された素晴らしい企画だった。

CIMG7837.jpg

まずKの軽妙なトークから始まり、日本語での賛美リード。

CIMG7841.jpg

そしSちゃんの東海地区紹介。見事に英語でやり遂げる。

CIMG7845.jpg

そしてMの証。途中、涙ぐむところもあり、感動に包まれる。

この後、関西地区でフルタイムの宣教師主事になることが決まっているKellieさんが宣教師目線でKGK紹介。
そしてKとケリーさんと僕とで、Question Time。

CIMG7848.jpg

日本宣教に関心のある人が、この夜詰めかけてくれ、200名以上。立ち見もでるほど。
そしてこの後、真剣に日本のKGKの働きのために祈ってくれた。
そして「宣教師になって日本に行きたいんです。」と分かち合ってくれる学生も。

KGKで普段祈られている祈りが、このオーストラリでも祈られている。
世界中で祈られているKGKの幸せを感じた。

NTEが始まる!

CIMG7821.jpg


1600名の学生達が、オーストラリア全土から集まり、10数カ国からの海外参加者(留学生を含む)も参加するAFESのナショナルトレーニングイベント。

今回、AFESから「飛行機代だけ負担してね。」とKGKに招待をしてくれ、4名の学生がKGKからこのNTEに参加するために渡豪。

内容は、KGKで行われている全国リーダー訓練会。
釈義、聖書神学、組織神学、実践神学と、参加する度にステップアップしていく神学訓練。
学生時代に、堅い食べ物を食べて、顎を鍛えるよい訓練。
青年伝道は、ゆるいものだけじゃ駄目!そんな自覚が激しく見えるプログラム構成。

聖書講解も、昨年の講師はアメリカの名だたる神学者ドン・カーソン。
今年も負けじと劣らず、素晴らしい聖書講解だった。しかも学生達のリアリティに届く、届く。
講解説教をきちんと聞くことの出来る耳を育てようという意識も凄く見える集会。

そして賛美。
これは完全に学生達の時代を意識したフルバンド。音響も、映像も凄いクオリティで、照明もぐるぐる回り、スモークも出てくる(アレはやりすぎだという年配主事も多数いたけど)舞台演出。
学生達の時代と感覚を大切にしている主事達の決断がよくわかる。

AFESも、もちろん学生主体。
でもこの全国リーダー訓練会は、聖書訓練を学生達に提供したいという主事主催の企画。
そして主事達が「こういうクリスチャン学生達になってほしい」という情熱のこもった合宿。
学生主体は、この後のミッションで、クリスマス休み明けの学内で存分に発揮して欲しいと主事たちは願っている。

初年度は100名ちょっとだったと言われているから、KGKの今の全国リーダー訓練会とあまりかわりがない。
いつかやりたいなあ。

 | HOME | 

リンク

ネット献金

カテゴリ

未分類 (153)
巡回日記 (196)
独り言 (34)
オフ (23)
グルメ (6)

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。